トップイメージ

ピュアコートANプラス

ピュアコートANプラス

塗膜成分の中で重要な役割を持つ樹脂に、フッ素樹脂・アクリルシリコン・ウレタンなどの種類があります。
その中で最も耐候性が良いとされるフッ素樹脂を「ピュアコート®」の骨格とする事で、効果の長続きする、汚れに強い外壁塗装材が生まれたのです。
しかも、一般的な光触媒塗料にない塗膜の柔軟性が特徴です。(JIS A 6021 伸縮性試験330%)

ピュアコートAN+の特徴
【ピュアコート6つのメリット】
  • メリット1 高耐候性

    フッ素樹脂(四フッ化エチレン)ベースなので優れた耐久性

    PTFE系フッ素樹脂が骨格となっているので優れた耐候性を示します。促進耐候試験では20年以上の耐候性(メタルウェザー試験1,000時間)。

  • メリット2 UVカット

    厚膜設計と紫外線吸収剤効果で紫外線を大幅にカット

    外壁の色あせの原因となる紫外線を大幅にカット。色あせを防ぐとともに、外壁の耐久性も高めます。また、透明性が高いため壁素材の美しい色彩を損なうことがありません。

    UVカット
  • メリット3 柔軟性

    伸張性に優れ、弾性塗膜やシーリング材の挙動にも追従

    モルタル外壁には一般的に柔軟性のある塗装が用いられます。ピュアコート自体に柔軟性があるので、下地塗装の柔軟性を損ないません。

    柔軟性
  • メリット4 帯電防止

    塗膜自体の導電性で、チリ・ホコリ・黄砂等が付きにくい

    塗膜自体が導電性を持っているため、静電気を防いで乾燥状態でもチリ・ホコリが付きにくくなります。

  • メリット5 施工性

    一般的な塗装機に対応、また施工後に親水性が発現するので施工管理も容易

    バインダーとなるフッ素樹脂系イオン交換樹脂そのものが優れた親水性を発揮します。光触媒(TiO2)との組み合わせで、長時間親水機能が持続します。また、一般的な光触媒塗料と異なり、乾燥後すぐに親水性を発揮します。そのため均一に施工できたかどうか検査しやすいのも大きな特徴のひとつです。

  • メリット6 経済性・環境性

    塗り替えサイクルの長期化で高いコストパフォーマンスを実現!!

なぜ?汚れが付きにくくなるの?

答え!表面が超親水性になるから

水が玉のようにならず、表面になじむ状態を親水性と言います。超親水性の表面では、 水は膜のように広がるため、雨水などが壁の汚れの下に入り込み、浮き上がらせて流します。フッ素樹脂系イオン交換樹脂が表面を親水性にします。太陽光が当たり辛い北面なども汚れをつきにくくします。

なぜ?光が汚れを分解するの?

答え!光触媒作用が働くから

光触媒に光が当たると活性酸素が発生します。この活性酸素が表面に付着した親油性の汚れを分解し、付着力を弱めます。雨が降ると、この汚れが洗い流されやすくなります。

なぜ?色あせが防げるの?

答え!紫外線を70%カットするから!

外壁の色あせを防ぐとともに、外壁の耐久性も高めます。また、透明性が高いため、壁素材の美しい色彩を損なう事がありません。

ピュアコートAN+はセルフクリーニング性能においてPIJAマークを取得しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加